投資で家族の未来を考える

投資活動を通じて、自身の幸せに追求と家族の未来について考えるブログ。日々の運用日誌・備忘録も兼ねて継続中。

投資活動を通じて、未来の暮らしを少しでも豊かに。

アメリカ株が下落して思うこと

昨日の朝起床して、『おはぎゃー!!』になった人も多いのではないでしょうか。

私も紛いれも無く、その一人です。

過去に提案した記事が凡そそのまま現実となってしまいましたね。

過去記事

①10月はボラリティが高くなる傾向にある旨を説明しましたが、現実のものになりましたね。

②相場の買われ過ぎ感が否めないところに訴求しましたが、こちらも同様に現実のものとなりました。

 

10/12(金) 朝時点での株価について

f:id:BP5Dtk:20181012045612p:plain

引用元:THE WALL STREET JOURNAL

見てのとおり、全面安です…

私のPFは明日集計して開示しますが、2月以来久々の真っ赤な状況ですね。

 

アメリカ株が下落して思うこと

さて、今回の記事の主題です。

今回の下落を受けて、以下の3点を改めて強く認識させられました。

  1. 相場は出し抜けない
  2. 狼狽売りしてはいけない
  3. 投資から撤退してはいけない

 1.相場は出し抜けない

既知の通り、株式市場は複合的要素で株価が日々決定しております。

AMZNをはじめとした銘柄が軒並み続伸していた先週は、やはり過熱感が強かったと今となっては感じます。

後になってから分かる、『バブル』に似ている様にも思えますね。

ただ、先週の勢いから利益確定出来たかと自身に問うなら、答えは『』です。

下落相場を受け入れて、さらに投資活動を継続する気持ちが強くなりました。

2.狼狽売りしてはいけない

これは良く言われる事だと思います。

市場の方向性は、大衆の意見にも似ています。

皆が『売り』方向で走れば相場は下落しますし、反対に『買い』にひた走れば続伸します。

今は空前の『売り』相場ですね。

機関投資家と一緒になって『売り』を行ってはいけません。

私達個人投資家は、資金力にも限りが有ります。

売買時に支払う手数料だって馬鹿になりません。

個人投資家の強みは、『保続有しけること』が出来る点だと自負しております。

第3者の誰かの為に利益を確定するのではなく、自分自身の為に投資をしているので、狼狽売りすることなく、下落相場をしのぎ保有を続けるべきだと考えます。

3.投資から撤退してはいけない

前述の内容にも似ていますが、こういった下落相場の時には決まって撤退・消えていく人がいます。

原因や理由は私には推し量れませんが、狼狽や信用取引から追証が発生などかな?とも勝手に思っています。

今年の2月も耐え抜いた上で今に至っているのですから。

今後について

相場の下落を受けて、証券口座が真っ赤になりました。

ですが、私の生活に何か影響があったでしょうか。

否、何事もなく粛々と日々を過ごし、本業のサラリーマンを営んでおります。

そうなんです。証券口座がプラスに転じようがマイナスになろうが、私にとって重要な要素は『配当金を得て、再投資でコツコツ種株を増やす』ことなんだ!と再認識しました。そう思えると、AMZNやADBEに投資している資金は、別の銘柄へ鞍替えするべき?とも考えております。

いずれにしても、相場の行く末を俯瞰し続けたいと思います。

今回の下落は、2月の時と違って凄く考えさせられた出来事でした。

投資活動に励んでいる方、相場から逃げてはいけませんよ!!